MP640分解・掃除記録

MP640分解・掃除記録
Page content

家に眠っていたプリンタ・スキャナのMP640を引っ張りだしてみたら、スキャナのガラスの内側にカビがありました。メーカーに送る程でもなく、古いので壊れてもあきらめがつくということで、分解して掃除してみました。

Canon PIXUS インクジェット複合機 MP640

給紙トレイ、両面印刷、CDラベル対応、LAN/WLAN対応と機能は十分で大して高くないのでコスパは高かったです。今は中古で1万円くらいです。ただし、レビューを見ると故障率が高いようです。実際、プリンタヘッドにインクが詰まったことがあり、アルコールで溶かして修理したことがありました。

分解:両サイド

背面のネジを外します。 mp640-1

底の爪を外します。 mp640-2

内側に向かって左側のツメを外すと、左側のパネルが外れます。 mp640-3

内側に向かって右側のツメ2箇所を外すと、右側のパネルが外れます。 mp640-4

分解:スキャナユニット

右側のコネクタを外すと、スキャナユニットが外れます。 mp640-5

背面のツメ2箇所を外し、隙間からこじるとガラスがついているパネル外れます。 mp640-6

ガラスの内側を拭いてゴミを取りました。アルコールで拭いたら紙が黄色くなったので、何か塗ってあるのかもしれません。

組み立て

右側のパネルは、コネクタを戻してパネルをはめるだけで戻ります。コード類を挟まないようにしましょう。

左側のパネルは、スキャナユニットを支えるパーツがあるので面倒です。無理やりやってもはまることははまりますが、丁寧に戻すことにします。

まず、銀色のツメ3箇所を押して銀色のパーツを外します。 mp640-7

さらに、白いツメを外してギヤカバーを外します。このとき、ギヤがばらばらにならないように注意します。 mp640-8

ギヤユニットから黒い足を抜きます。 mp640-9

本体を左側を上にして横に置き、スキャナユニットの足を取り付けます。 mp640-10

ここまできたら左側のパネルを取り付け、スキャナユニットの足をギヤに戻します。ギヤカバー、銀色のパーツを戻せば完了です。